サラ金との違い

昔よくテレビドラマや漫画などの悪役として登場し世間を賑わせたサラリーマン金融はサラ金とも略され、利用者を高い金利で苦しめ借金地獄に沈め込む極悪非道ぶりが描かれていました。

 

実際それが現実でも社会問題になったりしていました。これが現在でも暗躍している闇金かと思いがちですが、かつて呼ばれていたサラ金は最低限、

 

貸金業者としての形態を成していたため、出資法改正による上限金利20%の範疇に収まり今の消費者金融とカテゴライズされる事になったのです。

 

昔はグレーゾーンを逆手に取り法律で取り締まられなかったサラ金も、思い詰めた多重債務者が自殺するなど問題が明るみに出たため政府が動く事となり、金利を吊り上げて生活を壊す悪質な貸金業者は減りました。

 

こうなると、それでも多額の支払い利息に苦しむ債務者は法律の網を掻い潜ろうとする闇金による被害だと明らかに分かり、

 

相談窓口も弁護士や司法書士など法律のプロフェッショナルが請け負い問題解決の糸口となり得ます。そのためには闇金から具体的にどういう形で借り入れ、

 

どういう経緯で利息が膨らみ強引な取り立てを受けるようになったかを記録しておく事が後の交渉手段に大きく関わってきます。

 

闇金は借り手を巧妙な罠にかけ、ブラックリストに載った人や他社からの借り入れを断られた人であっても融資を持ち掛け借金を倍増させますので、決して闇金には関わらず、甘い誘いにも乗らないよう生活しましょう。

関連ページ

闇金と消費者金融は違う
闇金と消費者金融は全然違います。ごっちゃにして考える人も沢山います。闇金は違法金貸し業者を闇金と呼びます。
狙われやすい人
闇金に狙われやすい人は沢山います。普通に貯蓄して生活していればあまり出会う事のない闇金ですが、お金に困って1円でも闇金に借りれば泥沼の世界が待っています。
闇金が仕掛ける金利のカラクリ
闇金は、お金を貸すときは笑顔で対応よくお金を貸してくれますが、一度借りると、闇金の金利のカラクリにびっくりして、驚くほど借金が雪だるま式に増えて行きます。
借金を返せないとどうなる?
闇金からの借金を返せないとどうなるのでしょう。取り立てはもちろん激しくなってきますし、家や会社まで取り立ては恐喝に変わってきます。
多重債務者の利用リスク
多重債務者が闇金を利用するケースは大変多いです。多重債務者になると返済で首が回らなくなって、最終的に闇金に手を出してしまいます。そうならない用にしましょう。
携帯電話から連絡が来る
闇金業者を見抜く方法の一つに携帯電話から連絡が来るという物があります。通常の業者なら固定電話から連絡が来るのが一般的です。携帯電話からの連絡と言う事は、警察に足が付かないように使用しているケースが多いのです。