多重債務者の利用リスク

多重債務者が闇金を利用して法律事務所に相談しにいくというパターンは少なくありませんが、多重債務者というのはいくつかの銀行や消費者金融から小口融資を受けている状態のことを言い、それぞれの金融機関に対して約款返済が毎月必要になってくることから負担が大きいデメリットがあります。
多重債務者になると闇金を利用してしまう可能性が高くなるのは新しく銀行や消費者金融でお金を借りることができなくなってしまうからですが、借りるところが無くなってしまってお金が必要な場合に闇金の広告などを見てついつい利用してしまうというものです。

 

多重債務が原因で利用に走ってしまう場合はすでにまとまった借金を抱えていることが前提になっていると思いますが、法律の専門家に相談をする場合も闇金相談だけでなく既存の借金をどのように片付けていくかの相談も必要になります。

 

多重債務の場合は一般的に債務整理による問題解決がメインになってくると思いますが、債務整理にも任意整理や特定調停、自己破産などさまざまな種類があるのでかかる費用や時間、借金をしている状態などから債務整理を選んでいくことになります。

 

また、債務整理をするとブラックリストに名前が入ってしまいますが、その際に違法なルートでリストを手に入れた闇金業者が執拗にお金を貸し付けてくるようなケースも実際に多くあります。

 

そのため、債務整理をする場合は闇金利用のリスクが高まるということにも気をつける必要があります。

関連ページ

闇金と消費者金融は違う
闇金と消費者金融は全然違います。ごっちゃにして考える人も沢山います。闇金は違法金貸し業者を闇金と呼びます。
狙われやすい人
闇金に狙われやすい人は沢山います。普通に貯蓄して生活していればあまり出会う事のない闇金ですが、お金に困って1円でも闇金に借りれば泥沼の世界が待っています。
闇金が仕掛ける金利のカラクリ
闇金は、お金を貸すときは笑顔で対応よくお金を貸してくれますが、一度借りると、闇金の金利のカラクリにびっくりして、驚くほど借金が雪だるま式に増えて行きます。
借金を返せないとどうなる?
闇金からの借金を返せないとどうなるのでしょう。取り立てはもちろん激しくなってきますし、家や会社まで取り立ては恐喝に変わってきます。
サラ金との違い
闇金とサラ金の違いについて説明いたします。一般的には同じと思われている闇金とサラ金なのですが、実は大きな違いがあるのです。
携帯電話から連絡が来る
闇金業者を見抜く方法の一つに携帯電話から連絡が来るという物があります。通常の業者なら固定電話から連絡が来るのが一般的です。携帯電話からの連絡と言う事は、警察に足が付かないように使用しているケースが多いのです。