闇金と消費者金融は違う

テレビCMなどでアコムやプロミスといった消費者金融についての宣伝があるものです。そのためかなり多くの方が名前と消費者金融である事は知っていることでしょう。

ただ、その中の多くの方が勘違いしているのが、消費者金融=闇金やサラ金と思っていることです。「消費者金融は金利が高くて、返済が遅れるとヤクザが出てきて取り立てや嫌がらせをされる」とか「消費者金融から借りたら利息が高くて返せない、夜逃げするしかなくなる」などといったイメージを持つ方が多いのです。

確かに消費者金融は金利は高めで、利息制限法の定める上限金利になる事も多いです。とはいえ、法律の範囲内であり、実際に毎月の利息となると返せなくなるほどのものではありません。

そして、返済が遅れても厳しい取り立てなどはありません。相談すれば対処法を模索してくれるなどお客様の立場に立ってサポートしてくれたりもするのです。

それは、取り立ては法律で厳しく禁じられているからであり、そこまでしてやるメリットがないからです。

ですが、闇金の場合、出資法の定める上限金利すらはるかに超える暴利であり、金利の面でも法律に違反していますから、取り立てが禁じられていようとお構いなしです。

本当にイメージしている通りの事が起こります。仮に10万円だけ借りたとしても、数ヶ月、数年で何百万円もの借金になってしまうのです。

消費者金融の金利は仮に10万円を借りて、返済していないとしても利息は1年間で高くても18,000円ですから、元金を超える利息になる事はありません。

もちろん返済して再キャッシングを繰り返し、何年間も完済しないでいたら、元金くらいの利息になる事はありますが、元金の何十倍にまで膨れ上がる事はあり得ません。

関連ページ

狙われやすい人
闇金に狙われやすい人は沢山います。普通に貯蓄して生活していればあまり出会う事のない闇金ですが、お金に困って1円でも闇金に借りれば泥沼の世界が待っています。
闇金が仕掛ける金利のカラクリ
闇金は、お金を貸すときは笑顔で対応よくお金を貸してくれますが、一度借りると、闇金の金利のカラクリにびっくりして、驚くほど借金が雪だるま式に増えて行きます。
借金を返せないとどうなる?
闇金からの借金を返せないとどうなるのでしょう。取り立てはもちろん激しくなってきますし、家や会社まで取り立ては恐喝に変わってきます。
多重債務者の利用リスク
多重債務者が闇金を利用するケースは大変多いです。多重債務者になると返済で首が回らなくなって、最終的に闇金に手を出してしまいます。そうならない用にしましょう。
サラ金との違い
闇金とサラ金の違いについて説明いたします。一般的には同じと思われている闇金とサラ金なのですが、実は大きな違いがあるのです。
携帯電話から連絡が来る
闇金業者を見抜く方法の一つに携帯電話から連絡が来るという物があります。通常の業者なら固定電話から連絡が来るのが一般的です。携帯電話からの連絡と言う事は、警察に足が付かないように使用しているケースが多いのです。