闇金に狙われやすい人

闇金には注意とはいうものの、普通に生活をしていれば引っかかってしまう事もありません。極端な話、しっかりと貯金がある、生活に余裕があるという方は金融機関からお金を借りることもないでしょうし、仮に必要になった場合でも最寄りの銀行に相談すれば融資をしてくれることでしょう。

やはり闇金に狙われやすい人は特徴があるものです。

まずは、多重債務者となってしまっている方です。カードローンや消費者金融などで多くの借金をしていると、いずれどこからも借りられなくなってしまうものです。消費者金融は総量規制の問題があるので、どこに申し込んでも審査が落ちてしまうようになることもあります。

本来なら消費者金融からお金を借りられているということは、返済能力があるのですから、審査で落ちる場合でもしっかり働いていればなんとかなるものです。

ですが、ギャンブルに狂っている人などはどこからでもいいからお金を借りてギャンブルで儲ける、なんて考えの方もいるので、ついつい誰でもすぐに貸してくれる金融機関(闇金)に手を出してしまうのです。

また、専業主婦の方も最近はギャンブルに狂っている方もおり、生活費にまで手を出してしまうこともあります。また趣味などで生活費まで手を出してしまい、旦那にも言えずについつい借りてしまう事もあるのです。

ギャンブルや遊びに狂っていない場合でも、自営業者の方も狙われやすいです。自営業者は安定収入出ないため金融機関の審査が厳しくなる事もあるので。

そのため借金の返済や、従業員の給料などのために闇金から一時的に借りてしまう事もあるのです。そういった方を闇金は狙っているのです。

関連ページ

闇金と消費者金融は違う
闇金と消費者金融は全然違います。ごっちゃにして考える人も沢山います。闇金は違法金貸し業者を闇金と呼びます。
闇金が仕掛ける金利のカラクリ
闇金は、お金を貸すときは笑顔で対応よくお金を貸してくれますが、一度借りると、闇金の金利のカラクリにびっくりして、驚くほど借金が雪だるま式に増えて行きます。
借金を返せないとどうなる?
闇金からの借金を返せないとどうなるのでしょう。取り立てはもちろん激しくなってきますし、家や会社まで取り立ては恐喝に変わってきます。
多重債務者の利用リスク
多重債務者が闇金を利用するケースは大変多いです。多重債務者になると返済で首が回らなくなって、最終的に闇金に手を出してしまいます。そうならない用にしましょう。
サラ金との違い
闇金とサラ金の違いについて説明いたします。一般的には同じと思われている闇金とサラ金なのですが、実は大きな違いがあるのです。
携帯電話から連絡が来る
闇金業者を見抜く方法の一つに携帯電話から連絡が来るという物があります。通常の業者なら固定電話から連絡が来るのが一般的です。携帯電話からの連絡と言う事は、警察に足が付かないように使用しているケースが多いのです。