借金を返せないとどうなる?

闇金からお金を借りて返せない、というケースは少なくありません。そもそも、闇金に手を出している時点で、すでに返済能力がないということです。他の金融機関の審査をクリアできず、闇金の法外な利息を承知で、仕方なく借金しているので、返済できるとは到底思えません。

 

では、そのまま借金を返せないとどうなるでしょうか。よくテレビドラマや映画にあるような、家にヤクザまがいの人が乗りこんでくることはないだろうと思っていませんか?そんな甘い考えは捨てましょう。

 

闇金の場合、運営しているのがほぼヤクザ関係ですから、本当に取り立てに来ることが考えられます。実際、家まで乗りこんで恐喝まがいに取り立てするのは法律違反ですが、闇金はそもそもすべてが違法なのですから、法律違反を起こす事に何のためらいもありません。

 

何らかの被害がなければ、警察に相談しても無駄です。少なくとも一度は怖い思いをしなければ、警察も動いてくれないのです。また、家まで乗りこんでくることはなくても、携帯電話に1日何十回、何百回と電話がかかってくるのはもちろん、自宅や会社にまで電話をかけてくる事も多々あります。

 

そして、兄弟や親戚、隣人に取り立てると脅してきたりもするのです。もちろんこれらは違法であり、そのようにして取り立てることはできないのですが、このような事を平気で行う人たちだということです。

 

そういった精神的ダメージを受けることは必至です。ほとんどの人が返済できなくなるので、まずは、絶対に闇金からお金を借りないことです。

関連ページ

闇金と消費者金融は違う
闇金と消費者金融は全然違います。ごっちゃにして考える人も沢山います。闇金は違法金貸し業者を闇金と呼びます。
狙われやすい人
闇金に狙われやすい人は沢山います。普通に貯蓄して生活していればあまり出会う事のない闇金ですが、お金に困って1円でも闇金に借りれば泥沼の世界が待っています。
闇金が仕掛ける金利のカラクリ
闇金は、お金を貸すときは笑顔で対応よくお金を貸してくれますが、一度借りると、闇金の金利のカラクリにびっくりして、驚くほど借金が雪だるま式に増えて行きます。
多重債務者の利用リスク
多重債務者が闇金を利用するケースは大変多いです。多重債務者になると返済で首が回らなくなって、最終的に闇金に手を出してしまいます。そうならない用にしましょう。
サラ金との違い
闇金とサラ金の違いについて説明いたします。一般的には同じと思われている闇金とサラ金なのですが、実は大きな違いがあるのです。
携帯電話から連絡が来る
闇金業者を見抜く方法の一つに携帯電話から連絡が来るという物があります。通常の業者なら固定電話から連絡が来るのが一般的です。携帯電話からの連絡と言う事は、警察に足が付かないように使用しているケースが多いのです。