携帯電話から連絡が来る

闇金を見抜く方法の一つが、その会社に固定電話番号がなく、連絡方法がいつも携帯電話だということがあります。

 

これは、間違いなく闇金業者です。優良な金融機関であれば、融資の申し込みや返済についての相談は、当然固定電話です。

 

携帯電話のみの場合は、店舗を持たずに電話でのやり取りだけでお金の貸し借りをする闇金業者なのです。

 

チラシなどに載っている番号が、携帯電話である場合はもちろんですが、「お金が必要な場合は低金利でお貸しします」と直接電話がかかってくる場合もあります。

 

闇金側からすれば、携帯電話だと簡単に番号を変更できるし、実態を隠すこともできるという目的もあります。こういった手口を使うことを、「090金融」などと呼ばれています。

 

090だけはなく、070もしくは080でも同じことです。090金融と命名された時期が、たまたま090が主流だったというだけなので、携帯電話・PHSの場合はどれでも同じです。

 

連絡方法が携帯電話である場合は、そこが闇金と断定しても構わないのですが、だからといって、固定電話なら闇金ではないということではありません。固定電話でも、闇金である可能性は十分ありますので、そこは勘違いせずにきちんと判断しましょう。

 

固定電話=優良金融機関というわけではないのです。

 

もし、知らない番号から電話がかかってきて、しかもそれが、お金を貸しますなどといった内容であった場合には、絶対に断ることと、着信拒否設定をすることをおすすめします。

関連ページ

闇金と消費者金融は違う
闇金と消費者金融は全然違います。ごっちゃにして考える人も沢山います。闇金は違法金貸し業者を闇金と呼びます。
狙われやすい人
闇金に狙われやすい人は沢山います。普通に貯蓄して生活していればあまり出会う事のない闇金ですが、お金に困って1円でも闇金に借りれば泥沼の世界が待っています。
闇金が仕掛ける金利のカラクリ
闇金は、お金を貸すときは笑顔で対応よくお金を貸してくれますが、一度借りると、闇金の金利のカラクリにびっくりして、驚くほど借金が雪だるま式に増えて行きます。
借金を返せないとどうなる?
闇金からの借金を返せないとどうなるのでしょう。取り立てはもちろん激しくなってきますし、家や会社まで取り立ては恐喝に変わってきます。
多重債務者の利用リスク
多重債務者が闇金を利用するケースは大変多いです。多重債務者になると返済で首が回らなくなって、最終的に闇金に手を出してしまいます。そうならない用にしましょう。
サラ金との違い
闇金とサラ金の違いについて説明いたします。一般的には同じと思われている闇金とサラ金なのですが、実は大きな違いがあるのです。