最近増えてきたソフト闇金

闇金のイメージというと、高金利で融資し、返済出来ないとなると家に押しかけてきたり、電話口で酷い言葉を浴びせて脅したり、親戚や隣人、会社に連絡するぞと脅迫したりというのが一般的でしょう。そのため、闇金は怖いというイメージがあるでしょう。

 

ですが、最近増えてきた手口としてはソフト闇金があります。ソフト闇金とは、まさにソフトナ闇金という意味です。これは金利がソフトというわけではなく、あくまで柔らかな対応をして、あたかもお客様の事を考えてくれる、と思わせる闇金の手口なのです。

 

例を言うと、例えば2万円をソフト闇金から借りたとします。その際には、「10日後に3万円返してくればいいので」というのです。3万円くらいなら給料も入るし、なんとかなるかな、という軽い気持ちで借りてしまうのです。

 

もちろんそこで完済できればいいでしょう。ただ完済しても、簡単に借りて怖いイメージがないということから、ついついお金がない時にまた借りてしまうこともあります。

 

仮に返済できないという時に電話をかけると「大丈夫ですよ。無理をしないでくださいね。とりあえず今回は利息だけでいいですから」と相手の事を気遣うようなセリフを言ってくるのです。

 

物腰が穏やかなため、ついつい信頼してしまい、お金がない時にはまた融資をお願いするようになってしまうのです。その際にも4万円融資してもらいたい時には、「では、6万円融資して、4万円は銀行口座に振り込み、残りの2万円で今回の利息とさせていただきますので」といった方法を提案してくるのです。

 

相手を信頼しているために、警察や弁護士にも相談しないでしょうし、そうしているうちにどんどん借金が膨れ上がり、毎回の利息も多くなるという手口なのです。金銭感覚もわからなくなってしまうために、そのような状況に陥ってしまうのです。

関連ページ

利息だけ支払う「ジャンプ」
闇金の世界には、利息だけを支払うジャンプという支払い方法があります。一般人なら知ることのないこの「ジャンプ」。元金は返さないのですから、借金は増える一方です。
高金利の融資
高金利の融資は、債務者にとって非常にリスクの高い商品となります。闇金業者は、あなたの足元を見て、お金に困った人へ法外な金利を課してきます。
利用しやすい層
闇金には利用しやすい層があります。学生や主婦と言った低収入で一般の消費者金融からはお金が 借りられない層です。闇金は一度借りると大変なことになるので十分注意しましょう。
自己破産した人を狙う
闇金業者の手口の一つとして自己破産した人を狙うケースがあります。闇金業者が自己破産したの人を狙うには理由があるのです。
進化する闇金に注意
進化する闇金に注意しましょう。闇金といってもアナログな昔ながらの業者から、最先端なデジタルを使いこなす業者に別れています。どちらも手ごわいですが、それらの業者に注意しましょう。
クレジットカードの現金化
闇金業者の手口の一つにクレジットカードの現金化があります。これは消費者金融からお金を借りられない人がクレジットカードを使ってお金を作る方法です。闇金業者からクレジットカードで物を買い、それをその場で闇金業者に売却する。それでお金が手に入るという手口です。
知らずに利用してしまう
闇金の手口のひとつに知らずに利用してしまうケースがあります。闇金業者だと気付かない内に借金をしてしまい、気付いた頃には利息で首が回らないなんてことも。闇金の手口を把握しておきましょう。
ドライブスルーでお金貸し?
ドライブスルーでお金貸しとは?についてお教え致します。闇金の手口の一つに自動車金融という物があります。車を乗ったままお金を借りれて、担保が乗っている車になるのです。さらに詳しく知りたい方は是非ご覧ください。