夜逃げをして闇金の取り立てから逃げる

夜逃げという言葉をドラマなどで聞いたことがありますよね。実際に、闇金からに借金を解決する方法として夜逃げをするという選択肢を選ぶ消費者もいます。

 

返しても返しても完済せず、闇金の執拗な取り立てにより毎日怯えて暮らす生活により精神的にまいってしまい、かといって警察や弁護士に相談といっても相手は常識の通じないヤクザですので、何をされるかわかりません。

 

そういった状況に追いつめられてしまうと残る選択肢は夜逃げをするしか方法がないという考えに行き着いてしまうのではないでしょうか。実際に夜逃げをしたからといって、闇金のヤクザがどこまでも追いかけてくるといったことはほとんどないでしょう。

 

元金を払いきっていないからとはいえ、それまでに元金を超える利息を払い続けているパターンが多いため、闇金としては利益は既にあげられている状態な為、よっぽどの借り入れをしてない限りは労力と時間を裂いてまで探すメリットもないというわけです。

 

見つけたところで、これ以上の支払いを望めるわけでもないと分かっているということもあるでしょう。ただし夜逃げというのは本当に最終手段で、万が一上手く逃げ切れたとしてもその後の生活に全く影響がないとは言い切れません。

 

見つかるかもしれないという恐怖感はいつまでも付きまとうでしょうし、お金がない状態で夜逃げをするわけですから、当然その後の生活にも負担がかかってくるでしょう。そこでまた闇金にお金を借りるなど、自らの居場所をもとの闇金業者に教えるような危険行為となります。

 

また、知人や親戚に連絡や取り立てがいき迷惑をかけてしまう可能性もあり得ることでしょう。

関連ページ

FAXやDM、張り紙は危険
FAXやDMなどの張り紙は一番危険です。これはどこかからリストを取り、あなたの住所や電話に送りつけてきます。いくらお金に困ってようと絶対に手をだしてはいけません。
他の金融会社から借りて完済
他の金融会社からお金を借りて完済すればうまくいきそうですが、その金融業者の金利を自分でしっかりと計算して問題なければ借りて完済してもいいでしょう。
頼れる弁護士・司法書士
闇金と対等以上に戦うには、頼れる弁護士・司法書士が重要です。いくら資格を持っていても、闇金に強い弁護士・司法書士の専門家にお願いすることが一番です。
自己破産する
自己破産する方法は、一番最後の方法として有名です。この決定をするには、まず専門家と相談したあとに自己破産するかどうかを決めましょう。帳消しにできる分、デメリットも沢山ありますので。